「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
特攻野郎Aチーム シーズン1 その2
1983
原題:A-Team

まあなんつーか、よくも毎回手を変え品を変え
いろいろと楽しませてくれるものですな。
ひとつにはやっぱり
個々のキャラクターがしっかり立っているからってのがあると思うんですが、
めりけんはさすがテレビ(と銃とカーチェイス)の国だけあって
こういうものを作らせるとかなわんね。

以下各話ひとこと感想(軽いネタバレを含む)
[PR]
by manball | 2007-06-28 03:21 | 海外ドラマ その他
特攻野郎Aチーム シーズン1 その1
1983
原題:A-Team

日本では大半の人が「ベトナムで鳴らした俺たち特攻部隊は~」
という冒頭のナレーションでご存知と思われる
83年から放映のめりけん産のTVドラマ「A-Team」であります。
年代モノなのでそれほど過度の期待はしていなかったのですが
見始めてみるとこれがなかなか。
80年代からこれほどのクオリティのTVドラマを作ってるようなめりけんは
やはりあなどれないな~と舌を巻いたのでした。

ベトナム戦争の伝説的コマンド部隊である主人公たちは
濡れ衣によって戦後、軍に追われる身となりLAの地下に潜伏、
で、困っている人がいると報酬に応じて助けてあげる傭兵部隊となり
東へ西へ大活躍…というのがおおまかな話のプロットです。

何が面白いかというとこのドラマ
やはりまずはキャラクター同士の絶妙な掛け合いが楽しい。
策略家なんだけどいつも「計画どおり」に事が運ばないのがお約束な
リーダーのジョン・ハンニバル・スミス
口八丁手八丁で相手を手玉に取る顔のいいサワヤカ詐欺師フェイスマン
モヒカンに髭、ジャラジャラにつけた金のアクセサリと見た目からして異様な巨漢
メカニックと運転の天才B.A.バラカス
B.A.は「Bosco Albert」の略なのだが通称もB.A.で
こちらはBad Attitude(態度の悪い奴)の略(笑)
(日本語版では「コング」になってますが実はこれは日本語版独自の仕様らしい。)
頭のおかしいほんものの狂人だけど飛行機の操縦はコレマタ天才的というマードック
(これも日本語版の通称「モンキー」は独自仕様のようだ)
の四人がメインなのですが
毎回、仕事のたびに精神病棟からあの手この手をデッチ上げて
マードックを一時退院させるフェイスとか
きちがいマードックを毛嫌いするB.A.とそれを知っててからかうマードックとか
まあとにかくしっかりと描き分けされたキャラクターがよく動く動く。

主人公たちはおたずねものとはいえ、基本的に殺しはしません。
堂々と表通りを歩くこともできない身なので
重火器やらなにやらを正面から使うこともせず
基本的な話の流れとしては
作戦で使うような道具のかずかずは現地調達となります。
大抵の場合は計画どおりにいかず、いろいろなピンチに立たされるわけですが
この人たち(特にハンニバル)はスリル中毒(劇中では「on the jazz」と表現される)でして
そういう状況になるたびに目を輝かせながら
ありあわせのものでいろいろな武器やら仕掛けやらを作っていくという
謎かけ→謎解き構造に近いのも毎回のみどころです。

毎回45分で一話完結なため
テンポよく観れるのも特徴です。
ほんとに毎回よくもまあこの時間内で
起承転結を作りつつきっちりとまとめられるものです。

とりあえず1~5話まで観ましたがやっぱり面白かったので
続きも観ることにします。
これはオススメ。

以下各話ひとこと感想(軽いネタバレを含む)
[PR]
by manball | 2007-06-02 11:44 | 海外ドラマ その他