「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ワイルド・スピード
2001
原題:The Fast and the Furious
65/100


高価な電化製品を運ぶトラックを狙ったカージャック事件が続発しているL.A.の町では
夜毎に若者達が集まり改造車を爆走して賭けレース(いわゆるゼロヨンというやつね)
を行っていた。
カージャック事件の手際から、警察は彼らストリート・レーサーのカリスマである
ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル兄貴)を犯人として疑っていたのだが…
てな具合のあらすじで始まるカーアクション映画。

とりあえずいつも通りな(笑)ヴィン・ディーゼル兄貴でした。
その点では外れはなかったと言っておきましょう。
あとそれ以外に、あまり期待してなかったんですが
ことのほか楽しめたのがレースシーンでしょうか。
ゼロヨンですので、要するに直線をひたすらスピードでぶっ飛ばすわけですね。
これはコーナリングやらドリフトやらといったレースものとは
また違った爽快感があります。
特にボタンをポチっと押すと排気管からドガッと炎が吹き出て
超加速する変態車のかずかずは
あんたらそれもう車である必要あるのか?
と爆笑しながら突っ込みつつ、妙なワクワク感が味わえます。
ほとんど宇宙戦闘機みたいなノリ。
カー・アクションってあんまり特に好きでもなかったんですが、
そういうわけでこの映画の場合はなかなか楽しめました。

頭を使わずに観れるアクション映画としては、
単純なカーアクションということで、
ヒーローものやスパイアクションといった映画に比べると
ずっと脳味噌からっぽで観ることができました。
それでいてそれなりに爽快感も味わえるというのでおすすめ。
もちろん相変わらずハゲでマッチョでタフなヴィン・ディーゼル兄貴が好きなら
言うに及ばずですかね。

以下ネタバレを含む「ワイルド・スピード」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-25 04:40 | 映画感想 わ行
ナインス・ゲート
1999
原題:The Ninth Gate
63/100

稀覯本(希少な本)専門の探偵である主人公ディーン・コルソは
この世に三冊しか残されていないという
悪魔を呼び出す方法を書いた本「影の王国への九つの扉」
に関する依頼を受け、その調査を始める。
本に関わった者たちは次々と不可思議な死を遂げて行き
やがて彼自身もその流れの中に取り込まれてゆく…
てな感じのオカルト・サスペンス映画。

主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のおかげで
最近やたら人気の上がってるジョニー・デップ(私も別に嫌いではないですが)、
監督は「戦場のピアニスト」も撮ってるロマン・ポランスキーです。
(撮ったのはこの映画のほうが前ですが。)
こんな色物映画も撮ってる人だったんですね(笑)


とりあえず雰囲気はなかなかのものです。
テーマがテーマなだけに、
いわゆるキリスト教の悪魔がらみのお話ですので
その辺のオドロオドロしい感じといいますか。
当時は役柄に対して若すぎたってことで老けメイクでがんばる
ちょっとニヒルなインテリタイプのジョニー・デップとか、
そんな主人公の前にたびたび姿をあらわす謎の美女
そして本を巡る陰謀、謎解き…
と面白そうな要素はいろいろ詰まっています。
まあ時間分(130分ちょい)はそれなりに楽しめるのではないかな。

・悪魔崇拝とか悪魔召喚とかのオカルト話が好き
・超自然的なサスペンスが好き
・ジョニー・デップが好き
おすすめ範囲としてはこの辺でしょうか。

以下ネタバレを含む「ナインス・ゲート」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-24 05:42 | 映画感想 な行
ポセイドン・アドベンチャー
1972
原題:The Poseidon Adventure
76/100

昨年(2006)にリメイクが公開されましたが、
いちおうそれを観る前にまずはオリジナルを観ておこうかな…
というわけで観ました。

大晦日の夜、豪華客船ポセイドン号は乗客を乗せて航海していた。
新年のお祝いパーティーに浮かれる船内であったが
その頃、海底地震によって引き起こされた大波が迫っていた。
そして成す術もなく波に飲まれ転覆するポセイドン号。
全てが逆さまになった世界で
生き残ったわずかな乗客は生存の道を求めて船底へと向かうのだった…
てな感じのサバイバル・パニック映画です。

それなりに昔(スターウォーズ一作目が77年ですのでそれよりも前ですね)
の映画なのですが、
さすがアカデミー特殊効果賞を取ったというだけあって
少しも古臭さやチャチさは全く感じません。
逆さまになった船内という異様な光景は臨場感抜群
徐々に迫り来る水の恐怖と合わせて
サバイバル劇としての緊張感を感じさせてくれます。
主演は最近の映画だと悪い人ばかりやってたジーン・ハックマン。
さすが72年というだけあって若いです@@

というわけでだいぶ面白かったです。
上述のようにハラハラ感を味わいながら
極限状況における人間模様というのもそれなりに堪能することができました。
年代物ですが、オーソドックスなパニック映画としてはオススメ。

以下ネタバレを含む「ポセイドン・アドベンチャー」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-18 02:58 | 映画感想 は行
パニック・ルーム
2002
原題:Panic Room
60/100
(ヂョディ・フォスターが気に食わないので-5点)

メグ・アルトマンは最近夫と離婚し、娘をつれて新しい家を探していた。
そんな時に先頃、元の持ち主であった一人暮らしの老人が死去し空いていた
マンハッタン中心部にある四階建ての家を不動産屋に紹介され、購入することになる。
家には「パニック・ルーム」と呼ばれる内側から完全に密閉することのできる
対押し入り用の避難部屋があった。
ところが、この屋敷には秘密があった。
前の持ち主であった老人が家の中に隠していた財産はまだ発見されておらず、
しかもその場所を知っている者たちが
新しい家に移り住んだその晩にやってきたのだ…

てな感じのサスペンス・アクション映画です。
主演は上に書いた通りジョディ・フォスター。
物語の進み方としては
以前観た「コール(原題:Trapped)」によく似ています。
基本的な方向としては「押し入りvs娘を守る母親」という構図で進むアレです。

ネタバレヌキで感想を申しますと
緊張感や仕掛けなどなど
映画としては間違いなく「コール」よりもずっと普通に楽しめたことは確かです。
しかしサスペンスという点について過度の期待は抱かない方が良いでしょう。
あとスリラーみたいな期待も抱かない方が良いです。
ジョディ・フォスターが好きという人ならまあよいのではという感じかな。
観終わった後に時間を返せと言いたくなることはありませんが
もうちょっとうまくやれそうだったのにという感想は抱くかも知れません。
まあお好みでどうぞ。(身も蓋もない結論)

以下ネタバレを含む「パニック・ルーム」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-16 03:16 | 映画感想 は行
ロスト・イン・スペース
1998
原題:Lost In Space
69/100

西暦2058年
地球の資源は枯渇しつつあり
オゾン層の破壊も深刻
地球はまもなく人の住めない星になりつつあった。
そんな折に調査の結果人類の移住の可能性のある惑星が遠い銀河に発見され、
超空間(いわゆるハイパースペースというやつね)航行用のゲート建設のために
先遣隊としてジョン・ロビンソン教授とその一家が宇宙へと旅立つことになった。
宇宙船はコンピュータ制御による全自動
コールドスリープで10年後には無事目的地に到着
のはずだったのだが…

てな具合にお約束を踏襲したSF映画です。
60年代のTVドラマのリメイク作品だそうで。
このロビンソンさんの一家は必ずしも円満家族というわけではなく、
家族のためと言いながらも仕事に忙しく家庭を顧みることのできない父親とその子供たち
というラインが物語の本筋と絡み合うという
これまたお約束通りのお話です。
で、
何だか一般的な評価は低いようで、確かにそれもわかることはわかるんですが
すいません、わかっちゃいたけどこういうお約束ものに私弱かったみたいです(笑)
普通に楽しめてしまいました。いやー、よかったよかった。

以下ネタバレを含む「ロスト・イン・スペース」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-15 21:24 | 映画感想 ら行
ホテル・ルワンダ
2004
原題:Hotel Rwanda
90/100

1994年にアフリカ・ルワンダで起きた
ツチ族とフツ族という二つの民族による武力抗争と大虐殺
その最中、有名なホテルの支配人ポール(主人公)は
家族を、そしてやがてはホテルへと逃げ込んできた避難民を守るため
必死で生き延びる道を模索する…
という実話を元にした映画。

ある意味戦争映画なのですが、
映画のつくりとしては
民族対立=相手を根絶するまで終わらない=話は通じない
ということで特に暴徒と化した民兵などの描写は
サバイバル・ホラーに近いものになっているかも。
(例えはアレだが、ゾンビが町を占拠して大変なことに…みたいな感じね。)
戦争状態の中であくまでフォーカスされているのが個人というあたり、
「戦場のピアニスト」にもちょっと似てるかな。

で、映画としては文句なしに楽しめました。
楽しめた…という表現はちょっとヘンですが
とにかくもう酷い状況
集団のヒステリーというか煽動された大衆は本当に恐ろしいですね
ということがひしひしと感じられたり、
その中でヒロイズム溢れる主人公の行動に実にインスパイアされたり、
安全な場所にいる人にとっては確かにテレビの中の出来事ですね
まあしかし何か出来ることは考える必要はあるなと
コレマタ頷いてみたり、

そんな感じでかなり重いテーマを扱っているし
内容としても実際ヘビーなのですが、
繰り返しになりますが「個人(主人公)」に焦点が当てられているため
すんなりと映画として普通に楽しめる大変教育上もよろしい映画となっています。
是非観ましょう。
[PR]
by manball | 2007-02-14 02:36 | 映画感想 は行
トム・ヤム・クン!
2005
原題:Tom Yum Goong
73/100

タイの山奥で象を育てて暮らす主人公と父親は
いつの日か王様に象を捧げる名誉を授かることを夢見ていた。
ようやくその願いがかなうと思われた祭りの日
大切な家族である象は悪人たちの陰謀により誘拐されてしまう。
さらわれた象の親子を助け出すため
主人公は父を残し旅立ったのだった…


というあらすじなんですが、
まあ一言で言えばトニー・ジャーが超絶アクションで大暴れする映画(笑)
この人のデビュー作である「マッハ!」という映画は私見たことなかったので
これが初見なのですが、
いやはや、とにかくもうおなか一杯でした。
ドカバキドカバキ
やってることは昔のカンフーものと基本的には変わらんのですが
タイ人ということでムエタイ
ヒジをつかったりヒザをつかったりバキバキ骨を折ってみたり
この格闘アクションは実にみごたえがありました。
あんまり目が肥えてしまうと
ハリウッド映画でトム・クルーズがやってるようなヌルイ立ち回りを見るのがつらくなりそうです(笑)
(別にトム・クルーズやハリウッド映画が個人的に嫌いとかいうわけでは全く無く
単に比較対象としての話です)

ただ、前作はそうでもなかったらしいんですが
今回は上述の主人公の基本ラインに加えて
オーストラリアで暮らすタイ人とか
中国人との確執とか、
それに絡んだマフィアの抗争劇とか
そーいった要素がいろいろ話の横糸として絡んできます。
特に女性の場合は顔の識別が難しいということもあり
見てて途中でわけがわからなくなったりといったことが
何度かありました。
主人公の動機づけや周りの演出は必要なことですが
この映画ではちょっと整理されてない印象がありました。
まあとりあえず大暴れする主人公を見てると
そんなことはもうどうでもいいかという感じにはなるんですが…(笑)

てなわけでまとめ
・手ヌキ無しの格闘アクションがてんこもり
・象がかわいい
・タイが好き
おすすめはこの辺りですかね。
タイトルからすると「少林サッカー」みたいなコメディっぽいですが
そーいう要素はほとんどなかったので注意。というかかなりシリアスでした。

「マッハ!」のほうも観てみることにしようかな。

以下ネタバレを含む「トム・ヤム・クン!」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-13 02:51 | 映画感想 た行
ソウ2
2005
原題:Saw 2
63/100

生活態度に問題のある人たちをまとめてさらってきて
変な密室に閉じ込め、
「ゲームをやろう」と無茶苦茶な要求
それに見事打ち勝った者のみが生き残ることができ
それによって強引に生のありがたさを実感してもらう、という
かなりありがたくないイカレタ殺人者ジグソウ

今度は謎の館に八人の男女
毒ガスのためにタイムリミットは2時間
はたして謎を解いて解毒剤を手に入れることはできるのでしょうか…?

というサスペンス・スリラー映画
言うまでもなく2004年公開の一作目からの続編であります。
一部引き続いて出てくるキャラクターなどいるので
コレを観るならちゃんと一作目から…というのは言うに及ばずです。


で、とりあえずネタバレヌキで感想ですが…
うーむ、どうもこれは根本的に私がこのシリーズとは合わない
ということなのかも知れん(笑)
「ソリッド・シチュエーション・スリラー」と銘打ちながらも
やっぱり進行は「事件現場」と「捜査側」の二本立て
まあ確かに話の構成上
そうならなくてはいけなかったというのはわかるんですが
そのせいで相変わらず一作目と同様に
「CUBE」のような息も詰まるような閉塞感・恐怖感というのは
感じられません。
というかそーいうのをそもそも期待してはいけないんでしょうね。
ネタバレに抵触するのでこれ以上書くのは難しいのですが、
まあ一作目が好きでしたらどうぞ、という感じでしょうかね。
一作目もたいがいグロかった(見てて痛かった)ですが、
今回はその点に関してはパワーアップしているので
うぎゃあ痛い!と画面を観ながら身をよじらせたい人にもいいかも(謎

以下ネタバレを含む「ソウ2」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-12 19:19 | 映画感想 さ行
キャプテン・ウルフ
2005
原題:The Pacifier
60/100

ヴィン・ディーゼル兄貴は好きな役者なので
少々加点されている気もしますが


はげで声が低くてマッチョという
三拍子揃った見るからに恐ろしい兄貴が海兵隊の軍人で、
ある秘密兵器の設計図を巡る任務のために
任務中に殺害されてしまった開発者の教授のお宅で
ベビーシッターをやることになったという
コメディ・アクション映画です。
ヴィン・ディーゼル兄貴を知っている人なら
そのあらすじだけでウホッ、いい話、と期待をそそられそう…というか
要するにまあそのミスマッチなシチュエーションを楽しむというのが
映画の要なのであります。

ネタバレヌキですと
ディズニー映画ということで
まあ無難にまとまっているという感じでしょうか。
最初のアイディア自体は良かったんだけど
いまひとつ話の緩急に欠けたかな。
そのせいで95分と短めにも関わらず
だいぶ観ている途中で長さを感じたのですが、
とりあえず兄貴はともかくとして
子役の演技もなかなか良かったので
どうしようもなく退屈ということはありませんでした。
特に次女役の子はやたらかわいいね@@

まとめとしては
・オムツ交換に悪戦苦闘する兄貴を見たい
・カルガモとお話する兄貴を見たい
・ファミリーで安心して観れる映画がいい
この辺でしょうか。
決してつまらなくはないんですが、
上にも書いた通り内容的にはもうちょっと頑張れた気もするので、
正直、ヴィン・ディーゼル兄貴のファン以外なら
無理して観る必要はないかも(笑)
お暇でしたらどうぞという感じかな。

以下ネタバレを含む「キャプテン・ウルフ」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-10 21:45 | 映画感想 か行
ダンジョン&ドラゴン2
2005
原題:Dungeons and Dragons: The Elemental Might
75/100(ただし元ネタのD&Dを知らないと-15点くらい)

昔々、まだ電子計算機が発達していない時代に
テーブルトークRPG(TRPG)という遊びが生まれまして、
まあ早い話がボードゲームの一歩進んだモノ
皆で集まって紙とえんぴつ、それにサイコロを使い
冒険物語の登場人物となって遊ぶという遊戯です。

それが後にコンピュータに取り入れられて
いわゆるドラクエやFFといった
こんにちではロールプレイングゲームとして知られているゲームが生まれたわけですが、
そのそもそもの元ネタとなったTRPGの名前が
ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ(Dungeons&Dragons)
なぜか映画になって日本に入ってくる際に「ズ」が削げ落ちてしまったようですが
ともかくこの映画はそれを元ネタにしたファンタジー・アクション映画の
めでたい二作目というわけでございます。

一作目が公開されたのはもうだいぶ前のことになると思うんですが、
正直に申しまして… というかどう考えても
いろいろと失笑せざるを得ない出来でありました。
はっきり言って一応原作とされているD&Dの名前が汚れるくらいアレな映画であり
また同時に何も知らない人に多大な誤解を与える恐れのある
いろいろと問題のある映画だったのですが、


まあともかくそれの続編ということで
ほとんど期待しないで観たのですが…
いやはや、驚き
今回はちゃんと「元ネタ」に準じた映画となっています。
たぶんそっち方面に何も造詣のない人が観ると
「なんかよくわからないぱっとしない映画だった」で終わりなんですが
D&Dを知っている人間が観ればあちこちでニヤリと出来ること間違いなし
これは「ファンタジーの映画」ではなく「D&Dの映画」です。
あなたがD&Dプレイヤーである、もしくはソレについての興味/知識がある
ということなら是非観てください。
別に一作目観てなくてもあんまり問題ないです(笑)
そうでないなら、大人しくスルーして余った時間を他のことに使うのがよろしいでしょう。

以下ネタバレを含む「ダンジョン&ドラゴン2」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-07 03:58 | 映画感想 た行