「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ケリー・ザ・ギャング
2003
原題:Ned Kelly
65/100


開拓時代のオーストラリアの国民的な英雄(義賊)
ネッド・ケリーの生涯をベースにした史劇映画です。

当時オーストラリアには同じ白人でも
イングランド人とアイルランド人がおりまして
アイルランド人はかなり虐げられていました。
で、そのアイルランド人の英雄であるネッド・ケリーが
止むに止まれぬ事情からおたずねものとなり
横暴を振るっていたイングランド人の警官隊と戦ったり
逃亡したりといったよーなことをするお話です。

主演はヒース・レジャー(「ロック・ユー」で主役やってた奴)
あとその親友がオーランド・ブルーム、
あと警官の一番えらい人でジェフリー・ラッシュ。
私事ですが
以前オーストラリアに行った時にネッド・ケリーの博物館のよーなところに
行ったことはあるのですが、
もちろん当時そんなバックグランドその他についての知識があるはずもなく
なんとなくうろ覚えで変なブリキの鎧を着た奴がいたなー
程度だったのですが、
とにかく少なくとも現実は厳しく
こういった英雄譚でめでたしめでたしという結末があるはずもないのです。
歴史変わっちゃうからね。
てなわけで当然実話をベースにしたこの映画も
かなり重くて観終わった後に軽く鬱になる感じなのかなー
ということで微妙に気が引けてたんですが、
個人的にジェフリー・ラッシュ(悪い方の人ね)は好きな俳優だったので、
まあ要するに正義が勝利するという終わり方でなくても
まだ何とか大丈夫かなーという目論見のもと
観た。
以上、前置き終わり


で、ネタバレ抜き部分の感想ですが
・オーランド・ブルームが好き
・ヒース・レジャーが好き
(まあこの二人らへんが好きな人は黙ってても観ると思いますが)
・ジェフリー・ラッシュが好き
・「ネッド・ケリー」について知っている/もしくは好き
・オーストラリアが好き
・この手の史劇が好き
といった感じの人は楽しめるのではないでしょうか。
いかんせん、日本人としてはどうも強烈な思い入れに欠けるため
やや引いた視点から観てしまいがちですが
実話を元にしているということですので
展開や物語の筋に破綻が見られるとか、そーいったことは基本的にありません。
まあそれなりに駆け足に進む(というか場面が飛ぶ)ので
やっぱり他でも言われている通り
ネッド・ケリーがどーいう人物なのか、くらいは
知っていたほうがあるいは楽しめるかも知れませんが。

以下ネタバレを含む「ケリー・ザ・ギャング」の感想
[PR]
by manball | 2006-10-30 18:31 | 映画感想 か行
フライトプラン
2005
原題:Flightplan
55/100

点数はもうちょっとだけ高くても良いかという気もしたのですが
微妙に気に入らない部分もあったのでその分を差し引きました。

ジョディ・フォスター主演のミステリー・サスペンス。
夫を飛び降り自殺でなくした女性が娘を連れて飛行機に搭乗
気が付くと娘の姿が消えており慌てて機内を探し回るのだが…
というお話。

内容について話そうとするとどうしてもネタバレになるので
大したことは書けないのですが、
この映画の端々に見られる演出というのは
皮肉でやってるのかそれとも本気でやってるのかわからないというか@@

とりあえず飛行機に乗ったことがある人でしたら、
なかなかプチ旅行気分も味わえるというか、
要するに飛行機に乗って旅をする時のあの何ともいえないワクワク感を
ばっちり追体験できるのではないかと思います。
あとふだん乗ってる飛行機の中がいろいろ出てくるので
ソコはそんな風になってたのかといった具合に
機内探険映画としての楽しみ方もできるかも。

てなわけで
・飛行機が好き
・飛行機で何度か旅行したことがある
・密室系のミステリー・サスペンスが好き
・ジョディ・フォスターが好き
オススメはこの辺の層でしょうかね。
一時間半ちょいとあまり長くないにも関わらず
結構な長さを感じてしまった。

以下ネタバレを含む「フライトプラン」の感想
[PR]
by manball | 2006-10-27 01:15 | 映画感想 は行
コーラス
2004
原題:Les Choristes
70/100

時は1949年
問題児を集めたフランスのとある寄宿学校に
新任として舎監がやってきました。
まあありていに言いますと
その先生が音楽を通して生徒と心を通わせ
更正させちゃったりなんかしちゃったり~
という割とよくある話。


で、ネタバレ抜きの感想ですが
まあそこそこ楽しめました。
期待していたほどのカタルシス(或いは感動)は得られなかったものの
観終わった後にそれなりにじーんとさせてくれるというか
余韻は残りましたので及第点と言えるでしょう。
私Manbo自身、昔は少年合唱を結構な年月やっておりまして、
(ソプラノ→バスでした)
やっぱりこの映画の売りである合唱の場面なども
かなり昔を思い出してしみじみとしてしまいました@@

ストーリー自体は基本的にその手の
生徒更正もののお約束は外さずに進みますので
ある種の安心感は保証されています。
一時間半強、とあまり時間的には決して長くないにも関わらず
やや時間が長く感じることもあったのですが…
まあそれについてはネタバレの項に書くか。


とりあえずまとめとしては
・ほんわかハートフルな映画が観たい
・少年合唱が好き(もしくは昔経験があったり)
・生徒更正ものが好き
この辺の人は観ておいて間違いはないという感じでしょうか。
あとフランスではDVDの売り上げが一位とかで結構売れたようですので
フランス映画が好きという人もかな。

あと生徒更正ものとは言っても
この映画の舞台である寄宿舎は小学校(~中学校くらい)の年頃なので、
あまり不必要に殺伐とした感じにならないのも
安心して観れるポイントのひとつでしょう。
ペピノの可愛さが尋常ではないという点については
反対する人はおるまい@@

以下ネタバレを含む「コーラス」の感想
[PR]
by manball | 2006-10-26 02:59 | 映画感想 か行
銀河ヒッチハイク・ガイド
2005
原題:The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
60/100

銀河バイパス建造のためにある日唐突に地球は撤去・消滅
偶然生き残ったイギリス人アーサーは銀河をまたにかける
不思議な旅に出ることに…
というお話。

「不条理SF」とでも言うのでしょうか。
脈絡なく進む電波ストーリー
イカれた登場人物
バカバカしい設定の数々
などなど
見る前はもうちょっと普通の(まともな)アドベンチャー映画かと思っていたのですが、
中身は全然違いました。
レモン絞りに爆笑。

ただ、そーいった映画なので
あまり登場人物に感情移入といったよーなものはなく
ストーリーの本筋も一応あることはあるのですが
かなりどうでも良いというか
この無茶苦茶な電波世界を実際に映像で表現したという
清々しい馬鹿馬鹿しさがなければ
途中でかなり飽きていたかも知れません。
どうも「オースティン・パワーズ」のどこが面白いのか
サッパリ理解できなかった私は
根本的に英国人とは笑いのツボが違うようです。
[PR]
by manball | 2006-10-25 21:22 | 映画感想 か行
オーシャンズ11
原題:Ocean's Eleven
70/100

ジョージ・クルーニーが泥棒で
仲間を集めてカジノに盗みに入る話。

カジノは当然厳重に警備されているわけで、
それを潜り抜けるべくいろいろなプロフェッショナルの人を集めて
計画を練って、いざ実行
現場につきもののハプニングなども起こりながら
どうなることやら…
という、まあ要するに「ルパン三世」みたいな感じの
クライム・サスペンスです。
さすがに夜の遅い時間(というか、朝の早い時間)に観ると
なかなか頭が回らず多少ぼんやりと観ていたものの
プロットはそつなく進み特に破綻も気にならず
それでいてそれなりにハラハラ出来るという
極めて無難な作りながらも安定した面白さの映画でした。

ジョージ・クルーニーは「ER」の頃から知っているのですが、
当時はあのイヤらしい笑い方で何故女がああも落ちていくのか
わからなかったものだったのですが
(別に嫌いってわけじゃなかったんですが)、
久しぶりに見たら何かだいぶ受ける感じが違っていたというか
ハンサムとは違うんだけどいい男というのはこんな感じなのか
という具合に妙に納得してしまいました。
あとブラッド・ピットは相変わらず格好良い喃@@

以下ネタバレを含む「オーシャンズ11」の感想
[PR]
by manball | 2006-10-21 06:12 | 映画感想 あ行
スパイダー
原題:Along Came A Spider
65/100

「コレクター」の主人公アレックス・クロス(モーガン・フリーマン)は
NY警察の犯罪心理捜査官で
何冊か本も出している有名人らしいのですが、
要はその設定をそのまま使った
直接的ではない続編です。
主人公が同じで、全く別の新しい事件という体裁。
というわけで、当然この作品も「コレクター」を観てからでないと
ちょっとわかりづらい…ということもないですが、
観ておいた方が主人公に感情移入しやすいです。

今度は上院議員の娘が誘拐されまして、
犯人がアレックスを捜査担当に指名
なにがなにやら…
といった話なのですが

ネタバレ抜きですと
今回もやっぱりモーガン・フリーマンが渋くて良いなーというのを
堪能する映画でした(笑)
前作「コレクター」もそうでしたけど、
今作も輪をかけて、プロットの芯といいますかね、
つまり「これ!」という見所が特にありません。
(例えばこういった単発のサスペンスものですと
「飛びぬけて異常な犯人」とかがそれにあたるわけなのですが)
この「スパイダー」という、観終わった後に少し考えて、
それから原題をもう一度観て、それからやっと
「ああ、そうだったのね」と理解できるタイトルも
それをよく表わしている感じがします。

だから結局、繰り返しになりますが
やっぱりモーガン・フリーマン(と彼が演じるアレックスというキャラクター)の渋さ
が見どころということになるのでしょう。
要するに「犯罪心理捜査官 アレックス・クロス」という
一連のシリーズものの刑事ドラマのひとつとして観ればそれなりに面白いのですが、
ひとつの完全に独立した映画、としては
やや弱いところがあるというのは否めないと思います。

ま、そーいった形なので、やっぱり今作も気軽にまったりと見れるという点では
良いのではないかと思われます。

以下ネタバレを含む「スパイダー」の感想
[PR]
by manball | 2006-10-21 01:44 | 映画感想 さ行
コレクター
原題:Kiss the Girl
70/100

モーガン・フリーマン主演のサイコ・サスペンスというか、
ミステリーというか

特に破綻もなくそつなくまとまっているという印象ですが
あまりにも無難すぎて(お約束が多いというか)
ちょっと物足りない感じもします。
モーガン・フリーマンは相変わらず渋くて上手いんですが
どぎついサイコさんな犯人を期待していると
その狂いっぷりが今ひとつ大人しいんじゃないかとか、
あと謎解きという点でも割と山や谷もなくスムースに進行
その辺もあって、サイコ・サスペンスにしては
ずいぶんとまったりできるというか、
危機感や緊張感はそれほど感じずに気楽に観れます。
最後の辺りで誰が殺されるかとか狙われるかとかで
ちょっとだけ緊張しましたが…

まあ要するにこの映画は
モーガン・フリーマンの渋さを堪能する映画である
という解釈でよいのではないかと思われます。
そういう視点ではほぼ及第点に達しているのではないでしょうか。
あとヒロインがなかなか健康的な色気を感じさせるのも、それはそれで良かった。
(これなら狙われるのも納得だよね、という(笑))

あ、あとブライアン・コックスが出てると思ったら
やっぱりトホホな役柄だった(笑)
[PR]
by manball | 2006-10-20 19:10 | 映画感想 か行