「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ダイ・ハード
75/100


説明するまでもなく有名な作品ですが、
髪の毛のまだ生えていたころのブルース・ウィリスが主演の
アクション映画です。
テロリストに占拠されたビルの中で
必死に戦う刑事ジョン・マクレーンを熱演@@
昔観て、またずいぶん久しぶりに観たんですが
やっぱり面白いですねー。
まだ観たことがないという人がいましたら
ぜひ一度は観てみるのが良いのではないかと。
何気に2時間オーバーと長いですが
長さを感じさせないというのは良いな。


あと何か2007年に4作目(副題"Die Hardest")が公開されるらしいですね。
オイオイ、さすがに無理がなくない?(^^;

以下ネタバレを含む「ダイ・ハード」の感想
[PR]
by manball | 2006-07-16 05:27 | 映画感想 た行
ファンタスティック・フォー
70/100


ここ数年のSFXとCG技術の凄まじい進歩により
にわかに増えてきた(ように見える)アメコミ原作の
ヒーローアクション映画です。

宇宙放射線を浴びて超能力を身につけてしまった4人+1人が
それぞれのアイデンティティに悩んだり
超能力を発揮したりしながら
アクションするおはなし。


とりあえずネタバレなしですが、
まあ普通に楽しめるのではないかと。
「X-Men」の1の時に、
どうもせっかくの超能力なのにSFXによる見せ場が今ひとつ少なくて
ちょっと食べたりない感じだなー
といったよーな感想を書きましたが、
コレはそれと比べるとだいぶ、
たぶん4人にフォーカスされてて
能力もまたわかりやすいものである分、
頭に入りやすかったということでしょうか。
気楽に見れるのは良いことです。

ところで、このヒロインって「ダーク・エンジェル」の主演のアレだったんですね@@
どこかで見たことがあるよーな
顔と微妙な演技の下手さ加減だなーと思ってたんですが(笑)
(上手・下手の問題じゃなくて、
たぶん慣れの問題というのもあるのかも知れんが)

以下ネタバレを含む「ファンタスティック・フォー」の感想
[PR]
by manball | 2006-07-09 07:18 | 映画感想 は行
ザ・ロック
82/100
(娯楽なので、特に得るものはないですが)


米軍海兵部隊の英雄がミサイルを強奪し、
サンフランシスコ沖のアルカトラズ島に立てこもり
観光客を人質に取って大変なことに…

という、まあいわゆる普通のアクション映画なのですが
面白いです。
というのも、アクションや演出、テンポなどなどはともかくとして
ショーン・コネリーがえらい格好良いのです。
あと相棒をやるニコラス・ケイジも良いね。
過去にわけありの歴戦の勇士と、
頭でっかちのモヤシっ子なんだけど特定分野のスペシャリストという
組み合わせが楽しいです。
確かニコラス刑事を初めて見たのがコレだったんですが、
そのおかげで奴は今でも個人的には好感度が高い俳優です。
それくらいハマってた役柄だったと思う。

実はこれ、公開当時に2、3回観た記憶があるのですが、
また久しぶりに観たくなったのでDVDを買ってしまいました@@
そんなわけで、頭を空っぽにして観れるよーな
暇つぶしの娯楽作としてはかなり楽しめるのではないでしょうか。
と思われます。
[PR]
by manball | 2006-07-06 04:31 | 映画感想 さ行
ロビン・フッド
75/100
(・ただし英語字幕版のみ
・あと個人の好みによる補正込み)


ずっと大昔に見たんですが、やっぱり好きなのでまた観ました。
ただ、今回日本語字幕がかなりアレだということを思い知ったので
英語字幕で観た。
(久々に、ちょっと酷いというレベルを超えてる字幕を見た。)
やっぱりDVDはこういう時助かりますな。
そして日本語字幕が、原語版のエッセンスの六割近くを
こそぎ取っている事実に愕然。
何とかしてください。
(誰かと思ったら、やっぱりなっちだし…@@
本当にあのおばさまは映画界の癌ですね。)


てなわけで、落ちぶれる前のケビン・コスナーが主演の
イングランドの英雄、義賊ロビン・フッドを題材にした
アクション映画です。
まずはネタバレ抜きでの評価ですが、
これはやっぱりこの手の
中世(もしくはそれに準ずる時代設定)を舞台として
男たちが鎧を着て剣を持って
チャンチャンバラバラするよーな映画が好きな人なら
文句なく楽しめるでしょう。
基本的にはお子様ファミリー向けの映画というのは
間違いないんですが、
そーいう映画でもやっぱりちゃんと作ってあるところがすごい。
それなりに当時の十字軍やら何やらの知識があったほうが
楽しめることは楽しめると思いますが、
知らなくても普通に楽しめます。

で、一般的にはステキな悪役を演ったアラン・リックマンが評価されてますが
個人的にはモーガン・フリーマンを推したい。
というかこの人えらい格好良いです。
まさかモーガン・フリーマンに萌える(&燃える)日が来るとは思わなかった(笑)
彼はパリのアメリカ人ならぬ
イングランドのムーア人(要するにアラブの人ですな)として
舞台となるイギリスで、きっちり異国人としての役柄と演技をやってます。
これで当時50過ぎてたってんだから驚きですね@@


まああんまりグダグダ語っても仕方がないのであとはネタバレ項目で。

以下ネタバレを含む「ロビン・フッド」の感想
[PR]
by manball | 2006-07-04 03:49 | 映画感想 ら行
トリプルX ネクストレベル
63/100
(アイス・キューブ好きなのでオマケ付き)

NSA(国家安全保障局)の型破りなスペシャル・エージェント
「トリプルX」の活躍を描いた前作の続編です。
前作はヴィン・ディーゼルが主演だったんですが、
確かその頃からすでに「続編には出る気はない」
といったよーなことを言っていたようです。
そういうわけで今回は代替わりして
全くの別人としてアイス・キューブが
新たなトリプルXとなるわけです。


で、とりあえずネタバレ抜きの感想ですが
いまひとつパッとしないなーというのが
正直なところです。
というのも、何というのかな、
今回のお話の構造の問題といいましょうか。
現実世界とはある種パラレルな、
映画「トリプルX」の世界観というのがあるわけですが、
今回のお話は「現実世界」を舞台にした話ではなく、
「トリプルXの現実世界」を舞台にした話なんです。
そのせいで、えらいスケール感に欠けるというか、
なんだか物足りなさがありますね。
ネタバレを避けて具体的な言及をしないと
いまいち何を言っているのかわかりづらいかも知れませんが。

この手のスパイ・エージェントものではお約束の
ひみつ道具に関しても、
前作ではいろいろそれなりに出てきたんですが
今回はちょっと物足りないかな
という感じがします。


そんなわけで、ネタバレ抜きで総括としては
前作(トリプルX)が気に入っている
アイス・キューブが好き
頭を使わずにサクっと観れるものを観たい気分
以上のどれかに当てはまる人は
それなりに楽しめるのではないかと思われます@@

以下ネタバレを含む「トリプルX ネクストレベル」の感想
[PR]
by manball | 2006-07-03 03:53 | 映画感想 た行