「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ナショナル・トレジャー
75/100 安定

見たまんまからわかる通り、
インディ・ジョーンズ形式の宝捜しアドベンチャー映画。
主演のニコラス・ケイジは確か初めて見たのが「ザ・ロック」だったと思うんですが、
割と個人的には好感度の高い俳優です。
色んな意味でアクが少ないように見えるからかも。
2時間オーバーですが、これくらい尺があったほうが
やっぱりどんでん返しが何度も楽しめるから良いですね。
何度も観ようとはあんまり思わないですが、
安定して楽しい映画です。

以下ネタバレを含む「ナショナル・トレジャー」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-15 05:28 | 映画感想 な行
ザ・リング
65/100
数年前(というか、考えてみたらもう十年近く前のことだったりするんですが)に
大ブームを巻き起こした鈴木光司のホラー小説「リング」と、その映画をもとに
ハリウッドでリメイクした映画。
先に書いておきますが、私はどっちも読んだこともないし
観たこともないです。
おおまかなあらすじを知っているというくらいでしょうか。
そういうわけで、点数もそういうわけです。
原作を既に観たり読んだりしていたら
きっと評価も違ったものになったでしょう。

とりあえず思っていたよりはおそろしかったが、
(正直なめてました)
邦画オリジナル版の脚本に忠実というだけあって
いかにも「日本のホラー」的だなーというガジェットが
いくつも見受けられたのに苦笑。

以下ネタバレを含む「ザ・リング」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-14 21:59 | 映画感想 さ行
アイ、ロボット
60/100

アイザック・アシモフのSF小説から名前と
「ロボット三原則」の設定をもらってきた
ウィル・スミス主演の映画ですが、
特定の原作があるというわけではないらしいです。

しかし個人の主観の問題が
多分にあるかも知れないんですが、
ウィル・スミスって何やってもウィル・スミスにしか見えないですね(笑)
(嫌いではないんですが)

以下ネタバレを含む「アイ、ロボット」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-14 18:18 | 映画感想 あ行
バットマン ビギンズ
80/100

名前からも明らかですが、
「バットマン」のエピソード0のようなものです。
監督は「メメント」のクリストファー・ノーランでして、
これが普通に面白いです。

エピソード0ですからつまりバットマンが生まれるまでを描いたわけで、
最近多いアメコミヒーローものの映画版と
とてもよく似た構成になっています。
というかほぼテンプレ通り。
そういうことで、
私Manboが「バットマン」そのものに対して思い入れが特にないというか、
ずっと昔に第一作を観ただけでしたので
そのおかげで逆にすんなり今作の世界観やら何やらを
受け入れられたというのはあるかも知れません。
逆に下手に作品世界に対して思い入れがある人だと
結構今作のような解釈の仕方は抵抗があるみたいですね。

そういうバックグラウンドの上で書きますが、
殺しはやらずに恐怖を与えることによって悪を滅ぼす
というバットマンのポリシーとそれが生まれるまでの背景とか、
超人じゃないんだけど、超人になるための
怪しいニンジャ軍団との修行とか、
超人じゃないんだけど、超人になるための
ひみつ道具の数々やそれが生まれるまでとか、
とても楽しく観れました。

まるで頭の悪い感想ですが、
特にアラも見当たらずに面白かったのでそんな感じで。
あとリーアム・ニーソンは相変わらず渋格好良いが
モーガン・フリーマンが良いと思った映画は久しぶりかも。
[PR]
by manball | 2006-02-10 19:57 | 映画感想 は行
ソウ (SAW)
70/100

目が覚めたら古い浴室に男が二人鎖で繋がれており
部屋の真ん中には自殺死体が
で、どうしましょう

というお話。
かなり怖いことは怖いですが、、、


ところで刑事役の黒人の人は
リーサル・ウェポンのあの人だったんですね(笑)

以下ネタバレを含む「ソウ (SAW)」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-08 04:33 | 映画感想 さ行
ボーン・スプレマシー

75/100

アゴのでかい二枚目俳優
マット・デイモン(いや、別に嫌いじゃないですよ)主演の
「ボーン・アイデンティティー」の続編です。
続き物ですので一作目を観てから観るのが基本です。

総括としては前作を楽しんで観れた人は
問題なく期待して観ちゃってよいのではないでしょうか。
期待が裏切られることはないです。とりあえず。


あ、あととても大事なことですが、
今作は字幕がなっちじゃなくなったので
とても安心して観れました(笑)

以下ネタバレを含む「ボーン・スプレマシー」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-08 02:18 | 映画感想 は行