「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画感想 な行( 5 )
NINE -ナイン-
2005年 イギリス
原題:House of 9
63/100




見知らぬ9人がある日突然拉致されて、気がつくと館に閉じ込められていて、
「勝ち残った人が500万ドルゲットですよ」とアナウンスされて…という
まあ、要するに一言で言うとソリッド・シチュエーションものです。


なんとなくデニス・ホッパー目当てで借りて観たんですが、
まあ可もなく不可もなく、という感じでしょうか。
つーか、なんか、これは個人的な問題なのかも知れませんが、
「ソリッド・シチュエーション・スリラー」というジャンル自体が
もうダメかもわからんね。
結局、いかに最初の状況が異なるかということくらいにしか違いが見出せず、
やることはどれも変わらんのだもんなー(^^;

登場人物がアホなのも同じ。
まあ、一般的に、無作為にそーやって人物を抽出すると
極限状況で冷静さを保てないようなアフォが集まるというのは、
ある意味自然なことなのかも知れないってのは
最近思うようになってきたが(^^;
(それくらい一般大衆を占めている中にはアフォが多いという話ね。)

ただまあ、最初の黎明期のころには、
「背景説明をとっぱらって、特殊な状況に不条理にいきなり叩き込まれる登場人物」
ということでそのこと自体が逆に新しさを出していたというのは事実であったのだが、
逆に、その目新しさのみで、ジャンルとしては
結構すぐに行き詰ってしまうものだったのかも…てのは思うよなー。
オチの付け方次第ではもうちょい何とかなりそうな気もするんだが、
それにしても、そのオチにたどりつくまでのパターンというのが
もうほとんど想像できてしまうし。
そうなると一時間半だかそこらがまるっきり退屈になってしまうというか。
その辺は、俳優の演技でカバーということなのかな。
最近ではSAWシリーズ(笑)みたいに、
いかに変化に富ませるかということに苦心しているようですが。
やっぱり自分にとっては「CUBE」が一番だったな。
(続編? 何のことですか?)


だいぶ話がそれましたが、
まあそんなわけでデニス・ホッパーが良かったということ
そしてソリッド・シチュエーション・スリラーとしては
良くも悪くもお約束を外れていない映画でありました。
とりたてて酷いところや突っ込みポイントなどもないので、
気軽にさくっと観る分には良いのではないかと。

以下ネタバレを含む「NINE -ナイン-」の感想
[PR]
by manball | 2008-06-02 22:28 | 映画感想 な行
ノーカントリー
2007
原題:No country for old men
80/100


・たまにはこういう映画も観なくては
という映画

・やはりめりけんは危険だということ
特に警官に報復を仕掛けてきたりするようなところ。

・年代が1980だったとあとで知ったということ

・この殺し屋はちょっと某漫画の金の鹿っぽいなーということ
たぶん無痛覚性も持ってるに違いない。

・ベトナム帰りだぜ、なんてのが
普通にもてはやされるというのは、
やっぱりちょっと理解できない感覚だ。
と、思ったけど、これって80年代という舞台設定だから
少なくとも当時はやっぱりそれが自然なのか。

・観終わってからだいぶ間が空いてしまったので
ちゃんとまとめるのは面倒
よってとりあえず鑑賞後の覚え書きだけ記しておく。
あとこういう映画の良さを理解できないような人とは
正直、あまり

[PR]
by manball | 2008-03-30 17:18 | 映画感想 な行
ナインス・ゲート
1999
原題:The Ninth Gate
63/100

稀覯本(希少な本)専門の探偵である主人公ディーン・コルソは
この世に三冊しか残されていないという
悪魔を呼び出す方法を書いた本「影の王国への九つの扉」
に関する依頼を受け、その調査を始める。
本に関わった者たちは次々と不可思議な死を遂げて行き
やがて彼自身もその流れの中に取り込まれてゆく…
てな感じのオカルト・サスペンス映画。

主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のおかげで
最近やたら人気の上がってるジョニー・デップ(私も別に嫌いではないですが)、
監督は「戦場のピアニスト」も撮ってるロマン・ポランスキーです。
(撮ったのはこの映画のほうが前ですが。)
こんな色物映画も撮ってる人だったんですね(笑)


とりあえず雰囲気はなかなかのものです。
テーマがテーマなだけに、
いわゆるキリスト教の悪魔がらみのお話ですので
その辺のオドロオドロしい感じといいますか。
当時は役柄に対して若すぎたってことで老けメイクでがんばる
ちょっとニヒルなインテリタイプのジョニー・デップとか、
そんな主人公の前にたびたび姿をあらわす謎の美女
そして本を巡る陰謀、謎解き…
と面白そうな要素はいろいろ詰まっています。
まあ時間分(130分ちょい)はそれなりに楽しめるのではないかな。

・悪魔崇拝とか悪魔召喚とかのオカルト話が好き
・超自然的なサスペンスが好き
・ジョニー・デップが好き
おすすめ範囲としてはこの辺でしょうか。

以下ネタバレを含む「ナインス・ゲート」の感想
[PR]
by manball | 2007-02-24 05:42 | 映画感想 な行
ナショナル・トレジャー
75/100 安定

見たまんまからわかる通り、
インディ・ジョーンズ形式の宝捜しアドベンチャー映画。
主演のニコラス・ケイジは確か初めて見たのが「ザ・ロック」だったと思うんですが、
割と個人的には好感度の高い俳優です。
色んな意味でアクが少ないように見えるからかも。
2時間オーバーですが、これくらい尺があったほうが
やっぱりどんでん返しが何度も楽しめるから良いですね。
何度も観ようとはあんまり思わないですが、
安定して楽しい映画です。

以下ネタバレを含む「ナショナル・トレジャー」の感想
[PR]
by manball | 2006-02-15 05:28 | 映画感想 な行
ニューオリンズ・トライアル
70/100

面白かった… ことは面白かったんだが…
うーむ、納得いかん。
というか、なんかムカつくんですが。


陪審員制度というのは裁判において
一般市民の中から選ばれた何人かが
証言や証拠を見て判断し、
判決を決める… というめりけんの制度です。

で、この映画は銃の乱射事件について
ソレで夫を失った妻が拳銃の製造会社を訴えまして、
その裁判の結果を握るのは陪審員
それからその陪審員を裏で操って
評決を自分の有利にしようという陪審員コンサルタント
やらなにやらが暗躍する
法廷サスペンスのおはなしです。

以下ネタバレを含む「ニューオリンズ・トライアル」の感想
[PR]
by manball | 2005-08-28 01:08 | 映画感想 な行