「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:海外ドラマ その他( 68 )
特攻野郎Aチーム シーズン1 その2
1983
原題:A-Team

まあなんつーか、よくも毎回手を変え品を変え
いろいろと楽しませてくれるものですな。
ひとつにはやっぱり
個々のキャラクターがしっかり立っているからってのがあると思うんですが、
めりけんはさすがテレビ(と銃とカーチェイス)の国だけあって
こういうものを作らせるとかなわんね。

以下各話ひとこと感想(軽いネタバレを含む)
[PR]
by manball | 2007-06-28 03:21 | 海外ドラマ その他
特攻野郎Aチーム シーズン1 その1
1983
原題:A-Team

日本では大半の人が「ベトナムで鳴らした俺たち特攻部隊は~」
という冒頭のナレーションでご存知と思われる
83年から放映のめりけん産のTVドラマ「A-Team」であります。
年代モノなのでそれほど過度の期待はしていなかったのですが
見始めてみるとこれがなかなか。
80年代からこれほどのクオリティのTVドラマを作ってるようなめりけんは
やはりあなどれないな~と舌を巻いたのでした。

ベトナム戦争の伝説的コマンド部隊である主人公たちは
濡れ衣によって戦後、軍に追われる身となりLAの地下に潜伏、
で、困っている人がいると報酬に応じて助けてあげる傭兵部隊となり
東へ西へ大活躍…というのがおおまかな話のプロットです。

何が面白いかというとこのドラマ
やはりまずはキャラクター同士の絶妙な掛け合いが楽しい。
策略家なんだけどいつも「計画どおり」に事が運ばないのがお約束な
リーダーのジョン・ハンニバル・スミス
口八丁手八丁で相手を手玉に取る顔のいいサワヤカ詐欺師フェイスマン
モヒカンに髭、ジャラジャラにつけた金のアクセサリと見た目からして異様な巨漢
メカニックと運転の天才B.A.バラカス
B.A.は「Bosco Albert」の略なのだが通称もB.A.で
こちらはBad Attitude(態度の悪い奴)の略(笑)
(日本語版では「コング」になってますが実はこれは日本語版独自の仕様らしい。)
頭のおかしいほんものの狂人だけど飛行機の操縦はコレマタ天才的というマードック
(これも日本語版の通称「モンキー」は独自仕様のようだ)
の四人がメインなのですが
毎回、仕事のたびに精神病棟からあの手この手をデッチ上げて
マードックを一時退院させるフェイスとか
きちがいマードックを毛嫌いするB.A.とそれを知っててからかうマードックとか
まあとにかくしっかりと描き分けされたキャラクターがよく動く動く。

主人公たちはおたずねものとはいえ、基本的に殺しはしません。
堂々と表通りを歩くこともできない身なので
重火器やらなにやらを正面から使うこともせず
基本的な話の流れとしては
作戦で使うような道具のかずかずは現地調達となります。
大抵の場合は計画どおりにいかず、いろいろなピンチに立たされるわけですが
この人たち(特にハンニバル)はスリル中毒(劇中では「on the jazz」と表現される)でして
そういう状況になるたびに目を輝かせながら
ありあわせのものでいろいろな武器やら仕掛けやらを作っていくという
謎かけ→謎解き構造に近いのも毎回のみどころです。

毎回45分で一話完結なため
テンポよく観れるのも特徴です。
ほんとに毎回よくもまあこの時間内で
起承転結を作りつつきっちりとまとめられるものです。

とりあえず1~5話まで観ましたがやっぱり面白かったので
続きも観ることにします。
これはオススメ。

以下各話ひとこと感想(軽いネタバレを含む)
[PR]
by manball | 2007-06-02 11:44 | 海外ドラマ その他
CSI:
話題になっているのかどうかは知りませんが、
めりけんの連続ドラマCSI(Crime Scene Investigation)を観ました。
今住んでいる場所はレンタル環境が劣悪ですので、
実家に戻った隙にシーズン1から2までぶっ通しで@@

最初の第1話(Pilot)を観た時点では
どうも今ひとつのめりこめず、
キャラクターも何だかいまいちだし、
この女って確か「ER」でカーター君とあれこれ絡んで
かなりうざかった女じゃねーかとか、
何よりオープニングが最高にダサいよこれ、とか
まああまり期待できなさそうだったのですが、

そこはそれ
やっぱり面白いですね。何だかんだいって。
話の流れは基本的に
準ER方式といいますか、
多点マルチ進行型です。
回によっては一つの事件に全員が取り掛かることもありますが、
そういう時って他の事件とかは大丈夫なんですかね?(笑)
何も他に起きてないのか?

冒頭で事件が起きて、
現場や証拠品や死体、証人を調査していくうちに
真実が明らかに~
といった具合です。
いわゆる推理もの…とはちょっと違うか。
アドベンチャーゲームで
自分が何も操作しなくても
登場人物が勝手に動いてなぞを解いて行ってくれるという感じ。
こりゃ楽だ。
たぶん、このドラマを面白いと感じるのは
そういうことなんだと思います。

キャラクター描写もさすがこなれたものです。
Pilotを見た時はかなり不安だったんですが、
要するにこのギル・グリッサムという人は
大学教授みたいな人なんですね。
それがわかるようになるととたんに好きになります。
あとシーズン2になってウォリックのキャラクターとしての立ち位置が
シーズン1の開始当初に比べると
かなり変わってるなーとか
気になる点はありますが、
まあ気にしない方向で。

難癖をつけるとすれば
ややウェットなシーンの尺が長いと感じることがある
ということですかね。
ありていにいうと
お涙頂戴…というほど露骨ではないんですけど、
はいはいわかったから先に進みましょうね
ということがしばしばあります。
そのへん、良くも悪くも「大衆向け」なドラマなんでしょうね。

あとどんでん返しとギミックに固執するあまりに
真相がわかってから改めて思い返してみると
オイオイ、ちょっと無茶じゃない?と思うこともたまに。
これも改めて思い返したりしてはいけないということだな。


あ、あと翻訳がかなり劣悪です。
字幕もたまーに訳がわからなくなることがあるんですが、
まあこの辺はよくあることですし、
細かい言い回しとかをバッサリ切ってるのも
仕方がないといえば仕方がない(もちろんちゃんと訳されているのに
越したことはないですよ)んですが、
問題は吹き替え。
びっくりするほどひどいです。
ひどい…というか、
なんか独自の味付けをしすぎでは。
吹き替えのやりすぎ度としては「ビーストウォーズ」並み。
(わかる人限定)
吹き替えしか見ない人には全然気にならない話だと思うんですが、
うーん、なんだかなぁ。
例えていうなら「24」でジャックの趣味が実はヒッチ・ハイキングで、
休日はヒッチハイクでアメリカ大陸横断してるんだぜ~
みたいな設定が吹き替え版で勝手に付け加えられている
といった感じです。
相変わらずわかりづらい例えですが。
[PR]
by manball | 2006-03-25 19:15 | 海外ドラマ その他
X-Files Season7 頭まで(微ネタバレ含む)
映画を観に行く暇もなく
毎週借りてくるXファイルをシコシコと見つづけて
4→5→映画→6と
なんだかんだいって結構な量観てきました。
で、6の最後から続く7の頭まで観たんですが…

なんかもう限界に近い(苦笑)
以前シーズン5か何かで特別版として入っていたインタビューで
クリス・カーターが
謎を謎のまま残して、次々と新しい謎を出していくことが視聴者を引きつける
みたいなことを言っていましたが、
そりゃ、そう考えて作ってればこうもなるわ(^^;
正直、作劇的にちょっときつすぎ。
例をあげますと
・悪役が万能すぎ
最後には証人は神出鬼没の悪役に全部殺されて
結局真実は明るみに出ず
もう毎っっ回、このパターン。わかっていたはずなのに、本当に毎回(笑)
もうCSMはいいっつーの(笑)

・キャラクターの行動原理が支離滅裂
なにを考えてその行動をしているのか意味不明なことが頻繁に。
特に、「重要な証人」「重要な証拠品」をほっぽって呼ばれるままノコノコと現場をはなれ
その間に証人/証拠品が抹殺されている
というパターンが多すぎ。あほですか(笑)

・伏線は丸投げ(放置ともいう)
特に前シーズンあたりから顕著なんですが、
二話、もしくは三話連続の本編クライマックスシナリオで、
最初になんか壮大ですごそうな、その回のテーマを提示
するんですが、これが結局最後までにまとめきれていない。
最後になんか終わるんだけど、
あれっ、あのテーマはどうなったの?ってな感じで放置。
見事に放置。
今回のシーズン7の頭の場合、あの海辺の○○○は結局どうなったのよ?とか、
シーズン6の頭でも原発だかに閉じ込められた
サイコメトラー少年(名前失念)をそのままにして終わったし。

で、何にも解決してないのに
モルスカが2人で絆を深め合って、これからも真実を求めて
がんばっていきましょう~☆
みたいに適当にまとめられるのはもうたくさんです。



まあ以上の苦情は全て本編エピソードについての話で、
相変わらず単発の話は普通に面白いんですけどね。
たぶん基本的に本筋って先のこと何も考えないで
その場の勢いだけでシナリオ作ってるんだろうなー(^^;
[PR]
by manball | 2005-12-23 02:27 | 海外ドラマ その他
X-Files 5th Season 途中まで
というわけで続けてずっと観てるんですが、
ヤバイ、シーズン5は糞面白いですね。
まさかこのドラマで腹がよじれるほど笑う羽目になるとは
思ってもいませんでした(笑)
この辺はやっぱ五年もずっとやってるからこそ
というのもあるなぁ。
[PR]
by manball | 2005-11-08 01:26 | 海外ドラマ その他
それも私だ  ~X-Files 4th Season
しばらく映画を見る暇もない間に
スパムトラックバックがすごいことになってますね。

。。。

それはさておき、久しぶりにX-Filesの続きを見ています。
もともと数年前(といっても、気がつけばもうだいぶ昔のことだなぁ)に
シーズン4の頭まで見ていたのですが、
なんかさすがに三年分も見ていると、
まあありていにいうとその当時は
おなか一杯になってしまったわけです。
一昨年だかにめでたく完結もしたようですし、
この機会に続きを見ようかな、ということで
いまシーズン4の終盤のほうまで来ています。


基本的にこのドラマは
いわゆる「本筋」のシナリオと、
それから一話完結形式の「通常」のシナリオが
ごちゃまぜ…というか、通常シナリオが毎回続いて、
たまに本筋が混ざるという感じです。
(本筋シナリオの際はたいてい二話連続の続きものになったりします)

で、今回のタイトルなんですが…
「わかる人限定」ネタですが、正直このパターン多すぎ(^^;
「それも私だ」「あれも私だ」「これも私だ」
本筋シナリオは、確かに物語の最初からずっと伏線をたくさん張って
それを少し解いて、またさらにたくさん張っての繰り返しだから
面白いことは面白いんですけど、
正直、「結局またCSMかよ!!」と突っ込みたくなってしまうのもしばしば(笑)
今回のシーズン4の中の比較的前半の一話で
JFKとかキング牧師がどうしたとかありましたが、
アレなんかもう「ぼくのかんがえたCSMがいちばんえらくてつよい」とか
そういうレベルになってる気が(^^;
アレ、正直むこうでは受けてたんですかね?
あの手の過剰装飾はやりすぎると
製作者の自己満足だけになっちゃって
見てる方は引くと思うんですが…


それに対して、通常シナリオのほうは
逆に面白いんだよなー。
基本的に一話完結で、
主人公のモルダーとスカリーの二人が毎回おなじみ、
それ以外はたまにサブキャラも出てくるけど
その話に応じたキャラクターが出てきていろいろやるんですよね。
で、続き物というわけでもないから伏線とかも気にしなくていいので
一話でキレイにまとまります。(たまにキレイじゃないけど)
というか、「その話」に一話まるまる使えるから
その話の中で情報量もいろいろ入れられるし、尺も取るところは長く取れるし、
あと毎回毎回、よくもまあ色々こんなにネタがありますねという感じです。


そういうわけで、X-Filesを見るときには
美味しそうな餌(「謎が解けるかも知れませんよー」という)に釣られずに
個々の話をまったりと楽しむのが
良いということを再認識したのでした@@
[PR]
by manball | 2005-10-21 02:35 | 海外ドラマ その他
ロズウェル 3-18 Graduation
最終話

以下ネタバレを含む「ロズウェル 3-18 Graduation」の感想
[PR]
by manball | 2005-09-17 10:02 | 海外ドラマ その他
ロズウェル 3-17 Four Aliens and a Baby
第17話

最後の切り札が

以下ネタバレを含む「ロズウェル 3-17 Four Aliens and a Baby」の感想
[PR]
by manball | 2005-09-17 09:02 | 海外ドラマ その他
ロズウェル 3-16 Crash
第16話

以下ネタバレを含む「ロズウェル 3-16 Crash」の感想
[PR]
by manball | 2005-09-17 08:01 | 海外ドラマ その他
ロズウェル 3-15 Who Died And Made You King?
第15話

@@

以下ネタバレを含む「ロズウェル 3-15 Who Died And Made You King?」の感想
[PR]
by manball | 2005-09-17 06:55 | 海外ドラマ その他