「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


NINE -ナイン-
2005年 イギリス
原題:House of 9
63/100




見知らぬ9人がある日突然拉致されて、気がつくと館に閉じ込められていて、
「勝ち残った人が500万ドルゲットですよ」とアナウンスされて…という
まあ、要するに一言で言うとソリッド・シチュエーションものです。


なんとなくデニス・ホッパー目当てで借りて観たんですが、
まあ可もなく不可もなく、という感じでしょうか。
つーか、なんか、これは個人的な問題なのかも知れませんが、
「ソリッド・シチュエーション・スリラー」というジャンル自体が
もうダメかもわからんね。
結局、いかに最初の状況が異なるかということくらいにしか違いが見出せず、
やることはどれも変わらんのだもんなー(^^;

登場人物がアホなのも同じ。
まあ、一般的に、無作為にそーやって人物を抽出すると
極限状況で冷静さを保てないようなアフォが集まるというのは、
ある意味自然なことなのかも知れないってのは
最近思うようになってきたが(^^;
(それくらい一般大衆を占めている中にはアフォが多いという話ね。)

ただまあ、最初の黎明期のころには、
「背景説明をとっぱらって、特殊な状況に不条理にいきなり叩き込まれる登場人物」
ということでそのこと自体が逆に新しさを出していたというのは事実であったのだが、
逆に、その目新しさのみで、ジャンルとしては
結構すぐに行き詰ってしまうものだったのかも…てのは思うよなー。
オチの付け方次第ではもうちょい何とかなりそうな気もするんだが、
それにしても、そのオチにたどりつくまでのパターンというのが
もうほとんど想像できてしまうし。
そうなると一時間半だかそこらがまるっきり退屈になってしまうというか。
その辺は、俳優の演技でカバーということなのかな。
最近ではSAWシリーズ(笑)みたいに、
いかに変化に富ませるかということに苦心しているようですが。
やっぱり自分にとっては「CUBE」が一番だったな。
(続編? 何のことですか?)


だいぶ話がそれましたが、
まあそんなわけでデニス・ホッパーが良かったということ
そしてソリッド・シチュエーション・スリラーとしては
良くも悪くもお約束を外れていない映画でありました。
とりたてて酷いところや突っ込みポイントなどもないので、
気軽にさくっと観る分には良いのではないかと。

以下ネタバレを含む「NINE -ナイン-」の感想
[PR]
# by manball | 2008-06-02 22:28 | 映画感想 な行
大酔侠
1967年 香港
原題:大酔侠
61/100


--------------
江湖を舞台にした女侠客・金燕子vs盗賊団、
そしてそれに加勢する「酔侠」こと笵大悲の騒動のおはなし。
-------------


だいぶ古いですが、日本映画を参考にしたという画面の作り方など
なかなか緊張感があり、楽しめました。
感想は別館にて。
[PR]
# by manball | 2008-05-30 22:23 | 映画感想 た行
キング・オブ・カンフー
1992年 香港
原題:武状元蘇乞兒
72/100


---------------------------------
清代。名家の跡取り息子・蘇燦は父の溺愛をいいことに豪遊三昧の毎日であったが、
ある日娼館で出会った旅の芸女・如霜に一目惚れしたことから
武術の科挙・武挙の主席・武状元を目指すことになった。
ところが、如霜は実は丐幇の一員であり、
先の太平天国の乱で着せられた汚名を晴らすべく親王の命を狙っていた…
---------------------------------

そっち系の造詣がない人にはサッパリな単語があれこれ出てきますが
「丐幇」とは物乞いの、物乞いによる、物乞いのための秘密組織であり、
世の中の不義を正すために戦う人たちでもあります。
この映画はそんな物乞いをテーマにした武侠物語であります。
コンパクトながら、密度の詰まった展開によって
一時間半、退屈することなく楽しめました。

感想は別館にて。
[PR]
# by manball | 2008-05-29 17:42 | 映画感想 か行
ザ・ターゲット
2002
原題:The Piano Player
65/100


幼少時に両親を何者かに殺された過去のトラウマを持つ一流のヒットマンが、
マフィアから狙われている会計士とその娘の身辺警護の依頼を受けるのだが…。
(面倒なのであらすじは一部Amazonから転載)

-----------------


なんだか、とても変な映画でした。
あらすじから想像する感じというと
こう、襲ってくる刺客から逃げながら
依頼主のロバート・ナイルさんを守って逃避行…みたいなのだと思いますが、
実際、前半部分はその通りでした。
ところが中盤から妙な方向に話がそれて行き、
なんのことはない、最初から描きたかったのはこういうことだったのか、と納得(笑)
でも私は好きですよ、こういうの(笑)

以下ネタバレを含む「ザ・ターゲット」の感想
[PR]
# by manball | 2008-05-26 21:14 | 映画感想 さ行
ベオウルフ/呪われし勇者
2007
原題:Beowulf
75/100

なんか気がついたらすでに公開から半年近くが経ってましたが…
公開当時、近場にはサッパリ3Dで上映してくれる映画館がなかったため、
結局DVD待ちとなった、フルCG映画であります。
トールキン教授やその他いろいろなファンタジーの源流とも言える
叙事詩「ベオウルフ」を元にしたおはなし。

本当は、3Dの映画ということで
CGを活かした飛び出す映像というのが
売りのひとつでもあったんですよね。
んが、その辺をわかっていない配給会社(というか、映画館の問題か?)のおかげで
その売りがスポイルされてしまい、
結局、「普通のCG映画」として上映されていたのがほとんど…という話であります。
もちろんDVDに「飛び出す眼鏡」とかもついていないので、
今回の鑑賞は普通に観ました。しょぼーん。


で、ネタバレ抜き部分での感想ですが、
もともと私はこの手のエピック・ファンタジーが好きですので、
やはり楽しめました。
ヴァイキングとかドワーフみたいなノリの編み髭も好き。
ブレンダン・グリーソンが結構好きなので、
中の人をやってるウィグラーフが良かったな(笑)
あと戦いながら無駄に脱いでいくベオウルフにも爆笑しました。
物語は第一部→第二部という構成であり
間で数十年くらい時間が飛ぶんですが、
この経年劣化というのもCGをうまいこと活かしているなーと感心しました。
まったく、すごい時代になったものです。

というわけでファンタジー好き、神話好きなら
押さえておいて良いと言えるのではないでしょうか。

それ以上はネタバレ項目に書こう。

以下ネタバレを含む「ベオウルフ/呪われし勇者」の感想
[PR]
# by manball | 2008-05-26 03:56 | 映画感想 は行
デス・フロント
2002
原題:Death Watch
60/100

前に何かの映画のDVDに入っていた予告を見て
なにやら面白そうだと思ったので、
いつか観ようとリストに入れておりました。
このたび、ようやく観た。

---------------------
時代は第一次大戦下。
前線で孤立したイギリス軍の中隊は打ち捨てられたドイツ軍の塹壕を占拠した。
塹壕の中には数名の戦意を喪失したドイツ兵、そして夥しい数の死体が…
---------------------

てな具合に始まる、戦争ホラーパニック映画であります。

原題の「Death Watch」って何ぞや?と最初は思ったものの、
最後まで観たら納得。なるほどなー。

まあ手軽に楽しめるホラーものという感じで
可もなく不可もなく、でありました。

以下ネタバレを含む「デス・フロント」の感想
[PR]
# by manball | 2008-05-25 03:24 | 映画感想 た行
王妃の紋章
2006年 中国
原題:満城尽帯黄金甲
68/100


唐王朝滅亡後の五代十国時代を舞台とした
とある王家の家族にまつわる愛憎劇。
国王には長子・祥、二子・傑、三子・成の三人の王子がいた。
祥を産んでから早くに亡くなった妻の後に、
国王は遼の国から後妻を王妃として迎えていたのだが、
長いこと病を患っている王妃に対して国王が調合している薬の中には
ゆっくりと体を蝕む毒が込められていた…


原題の意味は「お城の中はきんきらきんの甲冑でいっぱい」という意味です。
そんな感じでゴージャス、豪華絢爛なスケールで繰り広げられる
壮大なホームドラマ…と言ってしまうのは
さすがに端的に言いすぎか(^^;
まあこの手の大作系にしては、割と楽しめました。

感想は別館に。
[PR]
# by manball | 2008-05-25 03:15 | 映画感想 あ行
ノーカントリー
2007
原題:No country for old men
80/100


・たまにはこういう映画も観なくては
という映画

・やはりめりけんは危険だということ
特に警官に報復を仕掛けてきたりするようなところ。

・年代が1980だったとあとで知ったということ

・この殺し屋はちょっと某漫画の金の鹿っぽいなーということ
たぶん無痛覚性も持ってるに違いない。

・ベトナム帰りだぜ、なんてのが
普通にもてはやされるというのは、
やっぱりちょっと理解できない感覚だ。
と、思ったけど、これって80年代という舞台設定だから
少なくとも当時はやっぱりそれが自然なのか。

・観終わってからだいぶ間が空いてしまったので
ちゃんとまとめるのは面倒
よってとりあえず鑑賞後の覚え書きだけ記しておく。
あとこういう映画の良さを理解できないような人とは
正直、あまり

[PR]
# by manball | 2008-03-30 17:18 | 映画感想 な行
リーピング
2007
原題:The Reaping
63/100

超常現象を科学的に証明することを生きがいとする科学者の女キャサリンが
調査で向かったヘイブンという小さな町で巻き起こる
旧約聖書の「出エジプト記」にあるような十の災いのかずかず
はたしてこれは神の仕業なのか、それとも悪魔の仕業なのか…?
というオカルト・ホラー。

思っていたよりもそこそこ楽しかった。
もともと私がカトリックの家庭に育ったということで
ある程度の宗教観があったので入りやすかったということもあるか。

主演のヒラリー・スワンクはきれいでした。
つーかこの女が、あのベスト・キッド4(黒歴史)のヒロインだとは
名前を見るまですっかり忘れていた。
(まあもともと女優の顔の識別がニガテというのもあるが)

以下ネタバレ。

以下ネタバレを含む「リーピング」の感想
[PR]
# by manball | 2008-03-30 17:13 | 映画感想 ら行
Unknown -アンノウン-
2006
原題:Unknown
50/100


目が覚めたらどこかの倉庫に五人が閉じ込められていて、
そのうちの三人が誘拐犯で二人が誘拐された人質だとわかった。
でもみんな記憶がないので誰が誰だかわからない。
どうなるの?

という、例のソリッド・シチュエーションものというやつだ。
それほど期待しないで借りて観たのだが、
期待のさらにナナメ下を行った。

うーむ、着想は面白いんだけど
ふたをあけてみたらがっかりというこれは
「フォーン・ブース」に似ているかも知れんな。
状況設定をして、それ自体はいかにも面白そうなんだけど
実際に始まるととたんに状況が停滞して
ちっとも面白くないのだ。
料理の仕方を誤ったってことか。
以下ネタバレで。

以下ネタバレを含む「Unknown -アンノウン-」の感想
[PR]
# by manball | 2008-03-30 17:10 | 映画感想 あ行