「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ソウ3
2006
原題:Saw 3
55/100

2の感想に「一応続編の3も観るとは思いますが、まあすぐには観なくても良いか。」
と書いてましたが、
気がついたら十三ヶ月経ってました(笑)
「観たくなったときが見時」ということで
サスペンスでもスリラーでもない
ソリッド・シチュエーション・スリラー映画
SAWの三作目であります。

シリーズものということで、二作目同様に
前作を観ていることが前提とした作りになっております。
そのためこの3を観るなら
1・2は観ておくことが要求されるようです。
私は2の鑑賞が一年前ということで
かなり記憶もアイマイになっていたのですが、
なんとか少ししたら記憶が戻ってきたので
その程度の記憶力で問題なく観れました。

が、少なくとも「なんとなく面白そうだから」とか
「話題になっているから」とかの理由でいきなり3を観るのは
はっきり言ってあまりおすすめはしません。
いや、まあこの3自体おすすめできるかというと、それはまた別の問題なんですが(笑)

てなわけで、ネタバレで行きましょうか。




-----以下ネタバレを含む「ソウ3」の感想---------











---------------------------
















>いやー、なんかもう正直これサスペンス・スリラーじゃないよね。
>すっかり不条理の世界に突入している気が(笑)
>相変わらず緊張感は皆無

これは2の感想に書いたことですが、
それがそのまんま当てはまります(笑)
つーか、2を観てこう感じたことを忘れていました。
当然、同じ流れで作られる3もそうなんだよな。

どうも作る側の焦点は
「いかに痛々しい、グロイものを見せるか」
に置かれているようで、
正直、これ「ソリッド・シチュエーション」とか名乗るのはもう嘘だろ(笑)
という感じでありました。なんだかなー。
ただグロイ映像を見たいだけなら
こんな小理屈こねるような映画じゃなくても
このご時世、他にたくさん見れるんだし。

相変わらずジグソウの主張に全く共感できないのも変わらず。
だからそのジグソウに後継者として育てられながらも
実はその資格が足りていなかったというアマンダが
どーのこーの、という話になっても
ちっとも他人事に感じてしまうというか。
冷酷な殺人鬼の話のはずだったのに、
あれ、なにこの痴情のもつれ話は?みたいな(^^;

登場人物の頭の悪さも相変わらず。
だからなんでその場面でそういう風に悩むのかと(^^;
あと捕まるとアホみたいにfuck fuck騒ぐのも同じ。
なんなんだろう、アメリカ人ってみんなああいうものなんだろうか?(^^;

まあ最後の最後になって
一気にタネ明かしを畳み掛けるという構成で
謎解きのカタルシスを感じさせられている「かのように」錯覚はできるので、
観終わった直後になんだそりゃとブーたれたくなるとかいうことはないのですが。
(とはいえあの繋がりの作り方がまた無茶苦茶強引な後出しじゃんけんってのも
そのまま同じだったな~(^^;)
でもさんざん引っ張った挙句に結局選択を誤ってゲームオーバー、というのも
まるっきり予想の内というか、意外性0というか。
「お前を赦す」で本当に終わってたらまだ良かったのにね(笑)
はー、がっかりです。

これでメインキャストはみんなおっ死んだんだから終わりにしておけば良いのに
まだ続きがあるんだよね~(^^;
そのうちジグソウvsメカジグソウたいな展開になっても驚きませんよ私は。
(「メカ」というか、第三の悪役が登場してジグソウと三つ巴の対決!みたいな感じ)
[PR]
by manball | 2008-03-07 21:10 | 映画感想 さ行
<< エリザベス:ゴールデン・エイジ 永遠なる帝国 >>