「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ロスト・イン・スペース
1998
原題:Lost In Space
69/100

西暦2058年
地球の資源は枯渇しつつあり
オゾン層の破壊も深刻
地球はまもなく人の住めない星になりつつあった。
そんな折に調査の結果人類の移住の可能性のある惑星が遠い銀河に発見され、
超空間(いわゆるハイパースペースというやつね)航行用のゲート建設のために
先遣隊としてジョン・ロビンソン教授とその一家が宇宙へと旅立つことになった。
宇宙船はコンピュータ制御による全自動
コールドスリープで10年後には無事目的地に到着
のはずだったのだが…

てな具合にお約束を踏襲したSF映画です。
60年代のTVドラマのリメイク作品だそうで。
このロビンソンさんの一家は必ずしも円満家族というわけではなく、
家族のためと言いながらも仕事に忙しく家庭を顧みることのできない父親とその子供たち
というラインが物語の本筋と絡み合うという
これまたお約束通りのお話です。
で、
何だか一般的な評価は低いようで、確かにそれもわかることはわかるんですが
すいません、わかっちゃいたけどこういうお約束ものに私弱かったみたいです(笑)
普通に楽しめてしまいました。いやー、よかったよかった。







---以下ネタバレを含む「ロスト・イン・スペース」の感想--------















・しかし相変わらずタイムスリップネタは危険だ。
一応パラレルワールドの考えで行けばアリなのかも知れないが…
そもそもあの時空の歪みというのは
大人になったウィルの作った装置の影響で起きたということらしいのだが、
そもそもウィルがその装置を作ることになったのは
時空の歪みを通ったからであって
最初に時空の歪みができたのは
……………………
こんがらがってきたのでやめます。

・あとそもそもドームに行ったのは
宇宙船の燃料のための放射性物質を取りに行ったんだと思うんだけど
途中からみなさんその目的を忘れていた気がするんですが…
そしてその後普通に宇宙船が飛べていたのはなぜ?@@
ああ、それとも燃料が足りなかったから出力が出なくて
大気圏離脱できなかったということなのだらうか。


・長女のツンデレっぷりも完全にテンプレ通りなのが逆に微笑ましかった。

・マスコット・クリーチャーのデザインはさすがにちょっとアレだな。
まあ色々な意味でそういう映画だから仕方がないのかも知れませんが(苦笑)
[PR]
by manball | 2007-02-15 21:24 | 映画感想 ら行
<< パニック・ルーム ホテル・ルワンダ >>