「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エレクトラ
2005
原題:Elektra
60/100


言うまでもなく最近流行りのアメコミを原作とした
ヒーローアクションもの

昼間は弁護士
裁判で相手に負けると
夜は変身ヒーローと化して報復を行うという
ちょっとアレな人デアデビル(かなり偏った説明)
それを描いた「デアデビル」という映画が2003年にあったわけですが、
この「エレクトラ」はそのヒロインであったエレクトラを主人公とした
いわゆるスピンオフ作品です。

一応「デアデビル」を観ておけば導入部などすんなり入っていけると思われますが
直接的にストーリーが繋がっていたりといったことはありませんので、
私のようにデアデビルを以前観たにも関わらず
ほぼ完全にストーリーを忘れてしまっているような人間でも
特に問題はありませんでした。


てなわけでこの「エレクトラ」なのですが、
なかなか微妙でした。
敵は「ザ・ハンド」という組織なのですが、シノビです。
それに対しエレクトラが使う武術は「キマグレ」といいます。
(本当に"Kimagure"です。)
これだけでもう突っ込みどころ満載の予感というか、
ニヤニヤ笑いをせずにはいられません。
エレクトラはたまにニホンゴで喋ります。
もちろん「キリタイ ネズミガ イルカラ」や
「ホントニ ハトリハンゾーノ カタナ ダタンダ」レベルです。
そうです。皆さんおなじみの「なんちゃって日本文化」がてんこもりです。
もちろんギャグではなく大真面目なシリアスです。
そういうわけで私のようにその手のノリが大好きな人間は楽しめますが、
そういうのに拒絶反応がある人はあまり向いていないと思われます。

ネタ的な部分はともかくとして
内容としてはまあこの手のヒーローアクションものの常道からは
大きくは外れないってところでしょうか。
エレクトラを演じているのはジェニファー・ガーナーという女優ですが、
個人的にはちょっと顔のエラが張り過ぎていてあまり好みではありませんでした。
でもロングヘアーは好きなので過失相殺。









----以下ネタバレを含む「エレクトラ」の感想------















一番致命的なのは
何かに追い立てられているエレクトラにとって
かつての自分を取り戻すきっかけであり
守るべき対象となるアビーという少女
これが全然キャラクター的に可愛くないというところでしょうか。
ただの頭の悪いアホ娘です。どろぼうだし。
まあ確かにずっと観てればそのうちそれなりに馴染んでは来るんですけど
話の中盤あたりまでキツかったです。
キャラクターとして平凡だと印象に残らないってのはあるんでしょうが
もう少し感情移入できるように描けなかったものかな@@

世界観的にもちょっと結局「宝」ってなんなの?
あの娘がどうするわけ??
そんな大事な娘なのにあれで終わりになっちゃってよかったのだろうか?
というギモンやらなにやらないことはないんですが、
まあその辺は観てる間はほとんど気にならなかったので
別にいいです。


ヒーロー映画でお約束の超絶アクションについてですが、
がんばっていたとは思います。
超スピードでピュンピュン動き回るようなのは好きですし
スローモーションで弾丸を避けたりするのも好き。
ただボブ・サップが散弾の直撃を受けても平気な鉄の体のくせに
木に押し潰されただけで死んじゃったりとか、
最後のボスのあの男の死に方があまりにもあっけなかったりとか
残念ポイントもたくさんありましたけど。
そういう感じで期待感を持たせてくれた割には
全体的にいまひとつカタルシスに欠けました。


しかし、この映画における超人やシノビの描写を見ててつくづく思うんですけど、
ネイティブじゃないアメ公どもがこれくらいすごい忍者アクションを描いているってのに
日本人はなにやってるんだろうなーということです。
うーん、なんだかなぁ。
[PR]
by manball | 2006-11-08 00:37 | 映画感想 あ行
<< セイント ケリー・ザ・ギャング >>