「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スターウォーズ エピソード3「シスの復讐」
採点不能/100

毎月1日は映画の日なので、
このたび近所…というわけでもないのですが
最寄の場所に新しくできたTOHOシネマズ二条という
シネコン系の大きな映画館に行ってきました。
さすが新しいからキレイだし、
あと音響が素晴らしかった。
特に音響設備のよいところで見たい映画なだけに
さらによかったです。

さてご存知スターウォーズの最新作にして最終作であります。
スターウォーズそのものや、ジョージ・ルーカスという監督が
映画として見た場合どうか
という点についてはさておき、
私Manboはありていにいうと
スターウォーズのファンというやつでして
ともかく大好きな映画(シリーズ)なのです。
採点不能、と書いたのは
そういうのをヌキにして評価はできないので
とりあえず点はつけないことにしました。
というか、
シリーズもので、しかも最後の作品なんですから
ここまでの旧作を観ていない人はそもそも
観に行くべきではないですし、
ここまでの旧作を観て、さらに続きのこれを観よう
という人には何も言う必要はないと
思いましたので。


---
前置きが長くなりましたが、映画の内容についてです。
まずはネタバレなしの範囲で。
今回も、やはりここまでの新三部作(エピソード1、2)の例にもれず
微妙にカユイところに手が届かない…というか、
妙にスカッとしない話運びは変わっていません。
ただし、ここまでのエピソード1、2は言ってみれば
それぞれのエピソード単体では着地点がどこかというのは
観ている間、観る前にはわからないのであり、
そういう意味でストーリー運びのおぼつかなさが
どうも気になったというのは事実ですが、
今回のエピソード3は違います。
我々観客はこの次に直接繋がってくる
エピソード4以降を知っているわけですから、
=着地点がわかっているということです。
だから話運びのあやふやさに気を取られることなく、
(筋がわかっている)
場面場面の展開をそれぞれ楽しむことができるという寸法です。
そういう点からみると、エピソード1、2の頃に比べると
だいぶ観やすいと思います。

あと今回は、いよいよエピソード4以降の暗黒時代の
幕開けとなる時期なわけで、
話の随所随所で今後の歴史への「引き」が
仕込まれるわけなんですよね。
その辺で、特に演出がうまいというわけでもないのでしょうが
私何度か泣いてしまいました。
やっぱり大河ものの、こういう時代の流れを
想起させられるような展開に
私は絶対的に弱いのです。

話の展開はかなり駆け足という意見もあるようですが、
実際駆け足かも知れません。
まあその辺りは既にこれまでの出来事と、
それからこれから起きる出来事を観てる側が把握していれば
それほどぎゅうぎゅうな感じはなかったですね。
繰り返しになりますが
「話題だから」とかいう理由で
シリーズの途中から観に行くような人間は削除します。

そういうわけでネタバレなしで簡単にまとめておきますと、
ここまでのシリーズを観てきた人なら
問答無用で観ましょう。
相変わらずルーカスらしい不満点や粗はたくさんありますが、
なんといってもスターウォーズもこれで完結ですし。
随所でエピソード4~6の場面や歴史を思い起こしながら観て
勝手に感動するというのが一番楽しめると思います。







---以下ネタバレを含む「スターウォーズ エピソード3「シスの復讐」」の感想---













---








本当は話の時系列順に
感想を書いていくのが一番まとまるし書き漏らしもないと思うんですが、
思い出すのが面倒なのでポイントを思い出した順に
箇条書きで羅列して行くか。

・字幕:戸田奈津子☆
「赤ちゃん」とか「赤ん坊」とか「赤子」とか
いくらでも言葉はあるのに
字幕が頑なに「ベビー」なのなんでだろう。
林完治も細かいニュアンスをバッサリ切り捨てるからあんまり好きじゃないんだが、
なっちに比べたらはるかにマシだということを再認識させてもらえました。
まあ今回は自分の聞き取り能力もかなり上がっていたので
あまり字幕で苦しんだ印象はなかったですが。

・デューク伯爵
物凄い勢いで処分されちゃいましたね。
序盤中の序盤でいきなり終わってしまうから、
そのことからも今回のエピソードが駆け足で進むだろう
ということを想像できて苦笑してしまった。

・で、かと思えば冗長なところは冗長なんだよなー。
パドメとアナキンのイチャイチャシーンが相変わらずかったるかったです(^^;
というかパドメってもうちょっと頭の良い人だと思ったんだけどなー。
すっかりアナキンに骨ヌキにされてるな。
まあエピソード2でも「私たちこんなことをしてはダメよ」
とか言いながら物凄い格好でアナキンを誘っていたような天然女だから
こんなものか…
とかいいつつ出産シーンでは泣いてしまったんですが。
今回はジョン・ウィリアムスの音楽の使い方も良かったなー。
ルークのテーマとかレイアのテーマとか、一瞬かかっただけで泣く。

・フォースのバランス
どこかの考察サイトに書かれていたんですが、
評議会によってジェダイが政治や戦争に関わるようになったら
それはもうバランスが完全に崩れた状態であり、
こうなってしまったのも仕方のないことだったのかも知れない
というようなことを読みましたが、
今回を見てああなるほどという感じでした。
アナキンがどうしようもないDQNだということもありましたが、
さすがに周りも周りかなーということですね。
これはこうなってしまっても仕方がない。
まあ個人的にサミュエル・L・ジャクソン嫌いなんで
そのせいでそう思うっていうのもあるかも(笑)

・うっかりケノービ
エピソード4~6の姿とは比べものになりませんが、
この新三部作ではオビ=ワン・ケノービが
基本的にうっかりのヘタレジェダイマスターでしたね(^^;
なんか勝てそうな戦いなのに妙につめが甘いというか…
そのせいでうっかりヘマをやってピンチに追い込まれる(笑)
とはいえさすがに今回のユアン・マクレガーは
すんなり年をとってエピソード4のアレック・ギネス卿のようになった
というのが納得できるような見た目でした。

・尺が無駄に長い
上にも書きましたが、無駄に余韻を残そうとするシーンが
やっぱり気になったなー。
例えば溶岩の上で決闘が終わって、
半ダルマ状態のアナキンにオビ=ワンが
「選ばれし者だったのに」とか「愛していた」とかアレコレ言うシーン。
あそこはグダグダ言わずに、すぐに立ち去ったほうが
格好がつくと思うんですけどね。

あとヨーダと皇帝の戦いが終わってからも長かったな。
ヨーダ、オビ=ワン、オーガナ議員の3人で
妙にマッタリしちゃってるのね。
「クワイ=ガンと交信」とか、あのやりとりは何のために入ってたんだろう(^^;

・皇帝もヨーダもチャンバラ
どうもエピソード2でヨーダがあからさまなファンサービスっぽく
クルクル殺法を披露したときから違うなーと思ってたんですが。
あの二人はなんというか、フォースの光と闇の
現存する中では頂点に立つ二人ですよね。
だからライトセイバーで戦うなんていう泥臭いのは
とっくに超越してる存在だと思ったんですよ。
それこそ最後にやってたみたいに
フォースで超能力合戦だけで十分です。
まあ皇帝はその後の20年でそれだけ力を増して
セイバー不要レベルまで達したということなのかも知れんが

・デススター建造20年計画
↑を書いてて思い出したんですが
やっぱりデススター建造まで時間かかりすぎ(^^;
こればっかりは後付けだから仕方ないといえば仕方ないんですが…
エピソード2の時点で
デススターなんかまだ出すべきじゃなかったよなー。
たまーにルーカスはこういうやらなくてもいいことを
やらかしてしまう。


また何か思い出したらつけたします。
[PR]
by manball | 2005-08-01 16:20 | 映画感想 さ行
<< ヘルボーイ 24 シーズン3 まとめ >>