「映画通」ではないが映画を観るのは好きな「なんちゃって映画好き」であるところの私Manboによる映画の感想など。ドワーフ好き。アカウント名はmanballですが本名はManboなのです
by manball
カテゴリ
全体
映画感想 あ行
映画感想 か行
映画感想 さ行
映画感想 た行
映画感想 な行
映画感想 は行
映画感想 ま行
映画感想 や行
映画感想 ら行
映画感想 わ行
映画感想 数字・その他
武侠ドラマ 射雕英雄伝
海外ドラマ 24(シーズン1)
海外ドラマ 24(シーズン2)
海外ドラマ 24(シーズン3)
海外ドラマ HEROES
海外ドラマ その他
オノレについて
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソウ3/SAW III(..
from 映画を感じて考える~大作、カ..
★「ソウ3」、うんこ並み..
from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “..
キャプテン・ウルフ
from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会..
『ケリー・ザ・ギャング』..
from 【徒然なるままに・・・】
『ポセイドン・アドベンチ..
from 【徒然なるままに・・・】
レジー・リーとワイルドス..
from 猫とプリズンブレイク
六本木ヒルズ 映画館
from lovie
『コンタクト』最近のSF..
from 『コンタクト』最近の人気SF..
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
一押し映画作品「ボーン・..
from ポビーの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブレイド3
55/100
(期待度の高さと反比例してしまった悪い例)


「ブレイド」というのは、
母親が妊娠中にヴァンパイアに襲われちゃいまして
その結果生まれてきたハーフ・ヴァンパイア
(デイ・ウォーカー/日中歩き回っても平気なヴァンパイア)
のブレイドが主人公であり、
素のお目々がつぶらなウェズリー・スナイプス演じるそのブレイドが
ダサかっこいいアクションを繰り広げつつ
ヴァンパイア退治をする
という話であります。

今回はその三作目であり、完結編らしい。
ということで結構期待して観に行ってしまったのですが…
うーむ、、、
このシリーズのお約束は外してはいないのですが、
三作目ということで刺激に慣れてしまった、とかそういうことではなく
カタルシスが足らない感じ。
なんか見終わってもスカっとしないといいますか。
今回、「わざと」B級っぽくしているということなのかな、これは??
という風に引っかかることが多々。
シリーズものだから
好きなことは好きなんですけどね…@@


以下ネタバレを含む感想で。






----以下ネタバレを含む「ブレイド3」の感想-------









-





なんかどうもストーリーの重心が散漫なんだよなー。
元祖ヴァンパイアが目覚めて大変!
ってことならそれ一本で、
普通に水戸黄門的なシリーズお約束展開といいますか。
上に書いたこととちょっと矛盾しますが、
要するに普通にやっておけば良いということです。
それが、なんかFBIが出てきてブレイド逮捕とか
ヴァンパイアの策略でブレイドバッシングとか、
かったるくて仕方ありません。
挙句の果てに
すごいどうでも良い展開でウィスラーまた死んじゃうし…
ヴァンパイアと信奉者の手がかなり広くまで回っている、
ってのはわかりますけどね。
私はアレのせいで最後まですっきりしませんでした@@

冒頭のアクションは良いんです。
意味もなくカッコつけるブレイドのアクションはまさに
このシリーズを観ているのだということを
思い起こさせてくれます。
無駄に二丁拳銃を後ろ撃ちしたりとか(笑)
ところが、その後↑のような展開で、
またブレイドもあっさりタイホされてしまうために
一気にグダグダに。

このシリーズの世界観では、
基本的にヴァンパイア軍団というのは圧倒的なわけです。
戦闘力も段違いだし、組織力も高いし。
それに対して主人公側はゲリラ的な戦いを余儀なくされているんですが、
なんというのかな、アジトとかもうバレバレなんですよね。
普通に無警戒に街中歩き回ったりとかもするし。
だから相手が本気出してきたら
もう太刀打ちできないだろ、と。
実際、今回は一作目のパターンを
そのままわざと踏襲したということなのかも知れませんが、
ブレイドお留守の間にアジト襲撃 → 全滅☆
という展開使ってますよね。
なんだかなあ。
危機感が足りないというか、なんというか…

一作目のパターン踏襲といえば
最終的に古代からの敵が現代の科学技術の結果によって倒れる
という展開も同じですよね。
でも今回の場合は一作目よりはなぜかすんなりと受け入れられはしましたが。

新キャラはどうなんでしょう。
ウィスラーの娘さんとか出してくるのは良いんですが、
それならなおのことウィスラーとの絡みがあったほうが
良かったのではないでしょうか。
(死んじゃったってこと既に知ってたとしても
全く引きずってるように見えないというのはどうなんだろう@@;)
あとそもそも、これまでに他にもあんな感じに仲間が各地にいて、
ウィスラーも結構ちゃんと連絡取り合ってたというのを
パートナーのはずのブレイドが知らなかったというのは
さすがに無理があるよなぁ…
あと戦闘中にiPodで音楽鑑賞はどうかと。
聴覚って格闘戦にしても銃撃戦にしても、
かなり重要なファクターだと思うんですが…@@
こんなアラは本来なら気にならないくらいの展開のパワーで
突っ込み不要ってくらいに
吹っ飛ばせたはずなんですけどね。

もう一人の新キャラであるハンニバル・キング君とか
そんなような名前の髭面抜けヴァンパイア。
これもなんか、某漫画風にいうなら「保護されてる」って感じ。
前作までだったら明らかに血祭りにされて
ぶっ殺されていてもおかしくなかったような展開でも
なんだかんだ言って普通に生き延びちゃってるし。
俳優さんのことは知りませんが、なんか大人の事情くせー。
キャラとしては悪くはないはずなんですが…
それならそれで尚のこと、単体でアレコレ動かすよりも
ブレイドとの絡みでもうちょっと何とかしたほうが良かったのではないか。
浮いて見えるんですよね。

大ボスの元祖ヴァンパイアは良いです。
前作までの悪役とは違ったタイプの、
地に足のついた感じの落ち着きと凄みがある敵といった具合。
が…
キャラ描写は良いものの、活躍シーンがこれまた今ひとつ。
ブレイドとの最終決戦もどうもカタルシスに欠けるものだったし、
そこまでの間にもほとんど見せ場らしい見せ場がなかったからなぁ。
かなり勿体無い。

戦闘シーンについてですが、
これもまたカタルシス今ひとつ。
けれんみのある格闘戦も確かに良いんですけど、
始終そればっかりの印象。
もっと剣とか、ひみつ道具使ってくださいよ。
特に終盤の殴り込みなんて、敵の数が多いんだから
もっとズバズバ切っていって欲しかった。
似たような展開なら「キル・ビル」のvol.1のほうが
よっぽど楽しかったと思えます。


多点同時進行をやるために
場面がぽんぽこ移り変わるのも気になる。
あんまり切れすぎると感情移入の流れがしづらくなるという
最大の欠点があるんですよね、コレ。
それに、場面場面にフォーカスできないということは
それだけ各場面における描写もきっちりやっていかないと
いけないわけなんですが、
このせいで上に書いたようにキャラ描写がだいぶおろそかになってしまっている。


字幕については前作と同じ林 完治でした。
完治はなあ…
特に前作ブレイド2はかなり意訳が目立っていて、
スターウォーズでこれまで割と評価が高かっただけに
こんなに駄目な人だったか?と思ったんですが、
今回は前作よりはマシだったようです。
いかにも完治らしいなと思ったのが、
アジト皆殺しにされて泣くウィスラー娘にブレイドが
「Use it」「Use it」「Use it」
って繰り返し言うシーン。
完治は
「その怒りと悲しみを力に変えろ」
みたいな字幕をつけていましたが、
実際難しいもんなー、これ。
意味として間違ってはいない、というか
事実そういうことを言ってはいるんだけど。
ただ原文のニュアンスを活かして
もうちょっとそれっぽく訳す道もあったのではないか、と。
それをせずに↑の意訳で妥協するあたりが
いかにも完治っぽいな、ということです。
(それでも、意味がちゃんと間違っていないんですから
完治は決して悪い字幕翻訳者ではないんですよね。
これが戸田のなっちだったりすると(以下略))


まとめますと、
全体としてきっちりフォーカスするべき箇所
(アクションしかり、ストーリーしかり、キャラ描写しかり)を
やっていないくせに
あちこちに手を広げているため、
ひどく薄い印象。
私Manboとしては前作2のほうが
ずっと楽しかったといわざるを得ません。
シリーズのお話の基本としては
ヴァンパイア悪さ企む → ブレイドがヴァンパイアぶっ殺す
というパターンなわけですから、
その調子で続編もたくさん作れそうな気もするので
これで終わりというのはちょっと残念ではあります。
[PR]
by manball | 2005-05-21 20:37 | 映画感想 は行
<< 24 シーズン2-07 14:... パリ、テキサス >>